このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成30年度指定文化財のご紹介

更新日:2018年10月30日

平成30年度稲城市指定文化財

平成30年10月17日付にて、稲城市教育委員会より5件の文化財が指定文化財として指定されましたのでご紹介します。
あわせて、関連する企画展や講座を開催しますので、ぜひお越しください。

窪家奚疑塾関係資料くぼけけいぎじゅくかんけいしりょう(233点)

 「奚疑塾けいぎじゅく」とは、漢学者の窪全亮くぼぜんりょうが明治13年から大正2年に東長沼村の自宅に開設した私塾です。小学校卒業者を対象にして、読書・習字・作文・算術・英語などが教えられました。入塾者の約4分の3は市域外からの生徒で、卒業者の多くはのちに政治・経済・教育などの分野で活躍したものが多く、稲城市域だけでなく周辺地域も含めた三多摩地域の教育に大きな足跡そくせきを残しました。
 今回指定になったのは、窪全亮くぼぜんりょうの子孫である窪家に代々伝えられた資料で、奚疑塾けいぎじゅくに関する基本的な文書資料や塾で使われた書籍、教本、落款らっかん、写真などの資料です。奚疑塾けいぎじゅくの歴史や実態を解明するための基本資料となっています。

窪家奚疑塾関係資料

清水家奚疑塾関係資料しみずけけいぎじゅくかんけいしりょう(86点)

奚疑塾けいぎじゅくの卒業生の家である清水家に残された、教科書やノートなどの資料です。
奚疑塾けいぎじゅくで使われた教科書には、歴史関係の書籍が多く残されています。ほとんどが漢文で書かれており、難解な内容ですが、基礎教育を重視していたことがわかります。ノートも、自分で問題を作り、自分で回答を書き入れる、という問答もんどう形式となっていて、丁寧に書かれたノートから学習レベルの高さや塾生の努力がうかがえます。実際に塾生が使用したこれらの資料より、授業の内容や実態が明らかになりました。

清水家奚疑塾関係資料

鈴木家すずきけ文書もんじょ(280点)

江戸時代に平尾村の名主なぬしを務めた鈴木家の江戸・明治・大正期の古文書こもんじょ資料です。江戸時代の「名主なぬし関係文書」や、明治・大正期の「農事日記」が中心です。特に農事日記では、鈴木静輔せいすけ静蔵せいぞう父子の二代にわたって作成され、農作業の記録だけでなく、物価の高低、平尾村の出来事、戦況など多岐たきにわたっています。平尾地域の歴史を解明するために、欠くことのできない重要な資料といえます。

鈴木家文書

山本家文書やまもとけもんじょ(76点)

穴澤天神社あなさわてんじんしゃ宮司ぐうじの山本家で所有する、江戸時代の神社関係や、江戸えど里神楽さとかぐら関係の古文書こもんじょ資料です。国指定文化財「江戸えど里神楽さとかぐら」の関係資料では、演目や持ち物、台本などの内容を記した古文書こもんじょが残っています。また、江戸時代、山本家では国安くにやす神社、穴澤天神社あなさわてんじんしゃ神主かんぬしを務めており、神主かんぬしの身分や職務、神社経営に関する古文書こもんじょが残されています。江戸えど里神楽さとかぐらや江戸時代の神社の歴史を知るために、欠くことのできない重要な資料といえます。

山本家文書

近代行政資料(36点)

明治時代前期から昭和20年にかけて作成された行政資料です。特に明治26年から昭和20年まで継続して作成・保存された「村会議事録そんかいぎじろく」は重要です。稲城村から、稲城町・稲城市へ、行政の移り変わりを具体的に示す資料となっています。そのほか、各村の沿革や人口などが記載された「地誌編輯取調簿ちしへんしゅうとりしらべぼ」や、明治期の神社・寺院明細帳など、当時の稲城の状況を伝えてくれる貴重な文書資料が指定されています。

近代行政資料

関連の企画展・講座を実施します

企画展「平成30年度指定文化財展」

今回指定された5件の文化財は、稲城市郷土資料室にて展示公開されています。実物の古文書などの資料をぜひご覧ください。なお、企画展の期間以降も、一部資料は常設展示されます。

期間:平成30年11月20日(火曜日)から12月20日(木曜日)9:00から17:00(月曜日休館)
場所:稲城市郷土資料室(ふれんど平尾2階 稲城市平尾1−9−1)

郷土資料室講座

今回指定された文化財のうち、鈴木家日記と奚疑塾けいぎじゅくに関する講座を開催します。
こちらの講座は、お席に限りがございますので、事前にお申込みをお願いします。

 申し込み先:稲城市教育委員会 生涯学習課 (電話:042‐378-2111 内線732)

【講座(1) 「鈴木家日記」を読む】
日時:11月24日(土曜日)10:00から12:00
会場:ふれんど平尾3階301会議室
講師:鶴巻孝雄つるまきたかお氏(元東京聖徳大学教授)
内容:鈴木家の農事日記資料から見た稲城の近代史についての講演

【講座(2) 指定された奚疑塾けいぎじゅく関係資料】
日時:12月2日(日曜日)10:00から12:00
会場:ふれんど平尾3階301会議室
講師:渡辺賢二わたなべけんじ氏(元稲城市史編集委員)
内容:新たに指定された、窪家と清水家の関係資料についての講演

企画展と合わせて、ぜひお越しください!

このページについてのお問い合わせ

稲城市 教育部 生涯学習課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-377-2121 ファクス:042-379-0491

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る