このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

負担割合証について

更新日:2018年6月20日

介護保険負担割合証とは

介護サービスや介護予防・生活支援サービス事業は、費用の一定割合を利用者の方にご負担いただくことが必要です。
介護保険負担割合証とは、介護サービスや介護予防・生活支援サービス事業を利用した際の利用者負担割合をお知らせするものです。

サービスを利用するときは提出しましょう

負担割合証は介護保険被保険者証と一緒に保管し、介護サービスを利用するときは、必ず2枚一緒にサービス事業者や施設にご提出ください。

平成30年度の介護保険負担割合証を郵送します

要介護・要支援の認定を受けている方と介護予防・生活支援サービス事業を受けている方には、負担割合証を6月下旬から7月下旬にかけて順次お送りしています。負担割合については毎年判定を行っておりますので必ずご確認ください。
適用期間は8月1日から翌年7月31日までの1年間です。

負担割合の判定について

介護保険のサービスの自己負担割合が変わりました

平成30年度8月から自己負担が2割の方のうち、所得の高い方の負担割合が3割になります(図1参照)。

 

  


(注意)40歳から64歳の方は1割負担です。

注釈(1)合計所得金額とは収入から公的年金等控除や給与所得控除、必要経費を控除した後で、基礎控除や人的控除等の控除をする前の所得金額のことです。また、長期譲渡所得及び短期譲渡所得に係る特別控除を控除した額で計算されます。
注釈(2)その他の合計所得金額とは(1)の合計所得金額から年金の雑所得を除いた所得金額をいいます。

 

詳細は以下のリンクからご確認ください。

負担割合証の再交付

稲城市役所高齢福祉課(2階4番窓口)で再発行できます。(無料)
市役所ホームページ(下記リンク)の「申請書ダウンロード」から「介護保険被保険者証等(再)交付申請書」をご提出ください。
申請者の身分証明書の提示(郵送の場合は写しを添付)が必要となります。

申請書ダウンロード(介護保険関係)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 高齢福祉課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る