このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

稲城市・稲城市医師会共催 市民向け講演会『自分で決めよう 自分の最期』

更新日:2018年1月9日

昨今、「最期をどこで迎えるか?」がテレビや雑誌で取り上げられますが、なかなか自分のこととしてイメージがつきにくいのではないでしょうか。
今回の講演会では、在宅医療や病院で人生の最期に関わる医師や専門職の方から、現場の実例をお話しいただきます。また、市内の医療・介護関係者のパネルディスカッションも行います。
在宅・施設・病院など、最期を迎える上で様々な選択肢と、それを支援する人、制度があります。自分らしい最期を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

(印刷する場合はこちらをご利用ください。)

日時

平成30年1月21日(日曜日) 午後1時30分から午後3時30分まで

場所

中央文化センターホール

費用

無料

プログラム

第一部<講演会>

看護小規模多機能型居宅介護とホスピスはどんなところなのか、対象や生活の様子など、在宅・病院の双方の側面から現場の実例と共にお話いただきます。

<講師>

林田 菜緒美 氏
(株式会社リンデン 代表取締役)

奥山 隆二 氏
(多摩南部地域病院緩和ケア科 医長)

第二部<パネルディスカッション>

稲城市で在宅医療や介護に関わる専門職から、人生の最期を考える上で、市民の皆さんに伝えたいことをお話いただきます。

<パネリスト>

上記講師2名
門松 拓哉 氏(新百合ヶ丘あゆみクリニック 所長)
高田 知美 氏(稲城訪問看護ステーションほほえみ)
森部 みどり 氏(やのくち正吉苑)
鍬田 千佳 氏(稲城居宅介護支援事業所ほほえみ)

申し込み

平成30年1月19日(金曜日)までに電話でお申し込みください。

問い合わせ・申し込み先

高齢福祉課地域支援係 042-378-2111(内線220または内線228)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 高齢福祉課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る