このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年度の献立

更新日:2020年2月10日

令和2年2月10日(月曜日)の献立

フェジョアーダ(豆と豚肉の煮込み)
フェジョアーダは、ブラジルの代表的な家庭料理のひとつです。
数種類の肉と豆を煮込んだシチューのような料理で、一般的にご飯にかけて食べます。
フェジョアーダという名前は、豆を表す「フェイジャオン」を使った料理という意味です。
ブラジルでは黒豆を使用することが多いようですが、給食では、白いんげん豆と金時豆を使用して作りました。

令和2年2月3日(月曜日)の献立

節分
2月3日は節分です。
節分は1年の始まりと考えられていた立春の前日のことを言い、昔の大みそかにあたります。
新しい1年を元気にすごせるように、悪いものを追い払い、福を呼び込むために行う行事です。
給食では、いわしのつみれと鬼の形をしたかまぼこが入った「節分汁」や、節分には欠かせない大豆を使った「五目豆煮」を作りました。

令和2年1月24日(金曜日)の献立

くじらのケチャップソース
1月24日から30日の1週間は、「全国学校給食週間」です。
この期間には、昔から食べられている給食や東京都の食材を使った給食などが登場します。
今日は、昔の給食でよく使われていたくじらを使った献立です。
生姜やにんにくで下味をつけてから、でん粉をまぶして油で揚げ、手作りのケチャップソースをかけました。

令和2年1月9日(木曜日)の献立

ハスカップと梨のゼリー
今日は、姉妹都市である北海道大空町の小学5年生が、稲城市の小学校へ交流に来ています。
この交流にちなんで給食では、大空町産のハスカップと稲城市産の梨で作ったゼリーがつきます。
ゼリーの中には、ハスカップと梨の果汁だけでなく、果肉も入っているので、それぞれの食感がしっかり感じられます。

画像 令和2年1月9日の給食
1月9日の給食

令和元年12月20日(金曜日)の献立

冬至
冬至は、1年の中で最も昼が短く、夜が長くなる日です。
今年の冬至は12月22日です。
この日にかぼちゃを食べたり、ゆず湯に入ったりすることで、風邪をひかずに元気に過ごせると言われています。
今日は、冬至にまつわる食材の「かぼちゃ」と「ゆず」を使った「かぼちゃのそぼろ煮」と「さわらのゆずしょうゆだれ」を作りました。

画像 令和元年12月20日の給食
12月20日の給食

令和元年12月19日(木曜日)の献立

豚キムチ丼
キムチは、白菜などの野菜を塩や唐辛子などに漬けた韓国の漬物です。
日本のみそやしょうゆと同じ発酵食品のひとつで、ビタミンや乳酸菌が豊富に含まれています。
韓国は冬の寒さが厳しい土地のため、唐辛子などの香辛料を使って体を温められる料理として、キムチはよく食べられています。
今日の給食の豚キムチ丼は、辛さを控えめにして食べやすい味に仕上げています。

画像 令和元年12月19日の給食
12月19日の給食

令和元年11月22日(金曜日)の献立

和食の日・野沢温泉村産新米
11月24日は、「いい(11)にほん(2)しょく(4)」というごろ合わせから「和食の日」とされています。
毎年、一人ひとりが「和食」文化について認識を深め、和食文化の大切さを再認識するきっかけの日となっていくよう願いをこめて、制定されました。
今日の給食は、うま味がたっぷり入っているだしや、米や大豆を発酵させて作るしょうゆやみそ、日本人の食事で昔から食べられている魚やきのこなど、和食に欠かせない食品をたくさん使っています。
また、ご飯は友好都市である長野県野沢温泉村の新米を炊きました。

画像 令和元年11月22日(金曜日)の献立
11月22日の給食

令和元年11月7日(木曜日)の献立

いい歯の日・稲城市産ずいき
11月8日は「いい歯の日」です。
かつおやずいき、切干大根など、かみごたえのある食材をたくさん使っています。
みそ汁に使われているずいきは、「やつがしら」という、さといもの仲間の茎のことで、稲城市坂浜の伊藤慶一さんの畑で収穫されたものです。
独特な食感が特徴の生のずいきは、日持ちしないため今の時期にしか手に入らない貴重な食材です。

画像 11月7日の給食
11月7日の給食

令和元年10月10日(木曜日)の献立

チリコンカン
10月の「ラグビーワールドカップ2019応援給食」の国はアメリカです。
アメリカ南部のテキサス州でうまれたチリコンカンは、肉や豆、野菜などをチリパウダーやトマトで煮込んだ料理です。
給食のチリコンカンは大豆と金時豆が入っていますが、豆が苦手な人でも食べやすい味つけに仕上げました。

画像 10月10日の給食
10月10日の給食

令和元年10月3日(木曜日)の献立

稲城市産新高梨
稲城市の特産品である新高梨は、大玉でとても甘みが強い梨です。
今年は6月、7月頃の長雨や9月の台風の影響が心配されましたが、例年に比べて甘みと水分のバランスが丁度良いおいしい梨ができました。
また、7月まで涼しかったので、虫の被害も少なかったそうです。
調理場に届いた新高梨は、1つずつきれいに洗浄し、12等分に切り分けて提供しました。

令和元年9月18日(水曜日)の献立

鶏肉のバーベキューソース
今月のラグビーワールドカップ2019応援給食は、「オーストラリア」です。
日本と同じように海に囲まれていて、自然豊かなオーストラリアでは、鶏肉、牛肉、魚、野菜などいろいろな食材が食べられています。
また、バーベキューがさかんに行われています。
今日は、鶏肉を焼いて、生姜・にんにく・セロリやしょうゆ・赤ワイン・ソースなどから手作りしたバーベキューソースをかけました。

画像 9月18日の給食
9月18日の給食

令和元年9月3日(火曜日)の献立

稲城市産高尾ぶどう
稲城市の特産品のひとつである「高尾ぶどう」は、育てるのが難しい希少な大粒の種なしぶどうです。
甘みが強く味も濃くて、皮ごと食べられます。
今年も農家の方々の努力によって大切に育てられたぶどうを、給食で出すことができました。
調理場に届いたぶどうは、水槽できれいに洗い、1粒ずつ切りわけています。

令和元年7月11日(木曜日)の献立

麩チャンプルー
麩チャンプルーは、沖縄県の郷土料理です。
車麩と呼ばれる大きな輪の形をした麩を卵や野菜と一緒に炒めます。
給食では車麩を食べやすいように小さく切って使っています。
麩は、小麦粉に含まれているグルテンというたんぱく質から作られ、車麩のほかに、板状の庄内麩やうず巻状にしたうず巻麩など、様々な種類があります。

画像 令和元年7月11日(木曜日)の献立
7月11日の給食

令和元年7月10日(水曜日)の献立

アイリッシュシチュー(肉と野菜のスープ)
今月のラグビーワールドカップ2019応援給食は「アイルランド」です。
アイルランド料理は、じゃが芋を使った料理が多くあります。
今回はアイリッシュシチューを作りました。
肉と野菜をじっくり煮込んで作るスープで、アイルランドの家庭料理の1つです。
牛乳や小麦粉を使わないので、ポトフのような見た目をしています。
本来は羊の肉で作りますが、給食では豚肉を使って調理しました。

画像 令和元年7月10日(水曜日)の献立
7月10日の給食

令和元年6月12日(水曜日)の献立

ウインナートマトソース

今月のラグビーワールドカップ2019応援給食は、「アルゼンチン」です。
アルゼンチンは、日本の反対側に位置します。
暑い国で、肉料理などが人気です。
少し辛味が効いたチョリソーというソーセージをパンにはさんだ「チョリパン」がよく食べられています。
給食では、手作りのトマトソースにチリパウダーを入れて少し辛味を効かせて調理しました。

画像 令和元年6月12日(水曜日)の献立
6月12日の給食

令和元年6月6日(木曜日)の献立

上州きんぴら

上州きんぴらは、材料に特産品である豚肉やこんにゃくを入れ、栄養バランスや彩りを整えた群馬県の郷土料理の1つです。
また、6月4日(火曜日)から6月10日(月曜日)は、「歯と口の健康週間」です。丈夫な歯やあごの発達のためには、よくかむことが大切です。

画像 令和元年6月6日(木曜日)の献立
6月6日の給食

令和元年5月22日(水曜日)の献立

ホキフライ

5月の「ラグビーワールドカップ2019応援給食」の国はニュージーランドです。
今日はニュージーランド産のホキを使って「ホキフライ」を作りました。
ホキはタラと同じ白身魚の仲間で、くせが無く、食べやすい魚です。
また、ニュージーランドは酪農が盛んな国なので、主食は角切りチーズが入った「ダイスチーズパン」にしました。

画像 令和元年5月22日(水曜日)の献立
5月22日の給食

令和元年5月9日(木曜日)の献立

初がつおの甘辛揚げ

4月から6月頃に旬を迎える「初がつお」は、脂が少なくあっさりとした味わいを楽しむことができます。
今日の「初がつおの甘辛揚げ」は、生姜やにんにく、しょうゆなどでしっかりと下味をつけたかつおに片栗粉をまぶして油で揚げ、
さらに甘辛いねぎだれをかけて食べやすく仕上げました。

画像 ねぎだれ調理中

平成31年4月22日(月曜日)の献立

鶏味噌カツ

味噌カツは、豚カツに八丁味噌をベースにして作った味噌だれをかけて食べる愛知県の郷土料理です。
串カツを八丁味噌で煮込んだどて煮につけて食べたのが始まりと言われています。
給食ではパン粉をつけてカラッと揚げた鶏カツに、八丁味噌で作った甘辛いたれをかけました。

画像 平成31年4月22日(月曜日)の献立
4月22日の給食

画像 鶏味噌カツ

平成31年4月18日(木曜日)の献立

だし

「ラグビーワールドカップ2019応援給食」の第3弾の国は、日本です。ユネスコの無形文化遺産に登録されている「和食」は、世界に誇れる食文化です。その和食に欠かせないだしを使って、今日は若竹汁を作りました。しょうゆと塩だけのシンプルな味付けで、だしのうま味をしっかりと味わえる一品に仕上がりました。

画像 平成31年4月18日(木曜日)の献立
4月18日の給食

画像 若竹汁

このページについてのお問い合わせ

稲城市 教育部 学校給食課
東京都稲城市東長沼1023番地
電話:042-377-8904 ファクス:042-379-1501

本文ここまで
このページの先頭へ

サブナビゲーションここから

献立紹介

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る