このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

自転車安全利用五則

更新日:2016年4月13日

正しいルールを知り、安全に自転車を利用しましょう。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。警視庁HP(自転車安全利用五則)

1自転車は、車道が原則、歩道は例外

道路交通法上、自転車は軽車両と位置付けられています。したがって、歩道と車道の区別のあるところは車道通行が原則です。

2車道は左側を通行

自転車が車道を通行するときは、自動車と同じ左側通行です。
道路の中央から左側部分の左端に寄って通行してください。
注釈:一方通行道路で「自転車を除く」の補助標識があり、自転車の規制が除外となっている場合に通行(逆行)する場合も同じです。

3歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

自転車が歩道を通行する場合は、車道寄りの部分を徐行しなければなりません。
歩行者の通行を妨げるような場合は一時停止しなければなりません。

4安全ルールを守る

飲酒運転は禁止

自転車も飲酒運転は禁止
【罰則】 5年以下の懲役ちょうえき又は100万円以下の罰金
注釈:酒に酔った状態で運転した場合

二人乗りは禁止

二人乗りをしてはいけません。
【罰則】 2万円以下の罰金又は科料かりょう

並進は禁止

「並進可」標識のある場所以外では、並進禁止
【罰則】 2万円以下の罰金又は科料かりょう

夜間はライトを点灯

夜間は、前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつける
【罰金】 5万円以下の罰金

信号を守る

信号を必ず守る
【罰則】 3ヵ月以下の懲役ちょうえき又は5万円以下の罰金

交差点での一時停止と安全確認

一時停止の標識を守り、狭い道から広い道に出るときは徐行
【罰則】 3ヵ月以下の懲役ちょうえき又は5万円以下の罰金

5子どもはヘルメットを着用

自転車を運転する児童の保護者は、児童にヘルメットを着用させるよう努めなければなりません。
成長過程の子どもは体の重心位置も不安定で、転倒した時、頭部に重大なダメージを受けることがあります。
子ども自身が自転車に乗るときはもちろん、幼児を幼児用シートに乗せるときも、幼児用ヘルメットの着用をお願いします。

こんな運転もやめましょう

傘を差しながら・携帯電話を使用しながらの運転

傘を差し、物をかつぎ、物を持つ等視野を妨げ、又は安定を失うおそれのある方法で自転車を運転してはいけません。
また、携帯電話で話をしたり、メールをしたりしながらの運転もしてはいけません。
【罰則】 5万円以下の罰金

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。警視庁HP(自転車の交通ルール)

このページについてのお問い合わせ

稲城市 都市建設部 管理課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る