このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

協議離婚届Q&A

更新日:2010年6月11日

 協議離婚届とは、夫妻が離婚することに合意し、両者が届け出人となる離婚届です。この届け出が受理されると、戸籍や氏などが変動します(戸籍に記載されます)。
 いったん戸籍に記載されると、届け出を取り下げることはできません。
 ご不明な点がありましたら、必ず事前に問い合わせてください。

証人

Q.証人をたてないといけませんか?
また、証人は親がならないといけませんか?
A.証人は2人必要です(裁判上の離婚の場合は不要)。また、証人は成年者であることのみが条件なので、親でなくとも兄弟や知人が証人になることができます。

不受理申出

Q.まだ離婚の話し合いの途中ですが、相手が勝手に離婚届を出さないか心配です。
A.離婚届が出される前に「不受理申出」を出してください。これを出しておけば、相手方が勝手に離婚届を出しても受理されないようにできます。

離婚届の添付書類

Q.離婚届を出す際に戸籍謄本は必要ですか?
A.本籍地でない役所に離婚届を出す場合には、夫妻の戸籍謄本を1通ずつ添付してください。

届け出時

Q.離婚届を出すときは、夫妻2人で来なければいけませんか?
A.いいえ、離婚届が正しく書かれていれば、お持ちになるのはどちらか一人で構いません。
ただし、届書などに不備があり、夫あるいは妻でないと訂正できない個所があった場合には、届け出ることができなくなることもありますので、ご不明な点があれば事前に問い合わせてください。

Q.届け出時に「本人確認」は行いますか?
また、その時に免許証などを持っていない場合はどうすればよいでしょうか?
A.届け出時には「官公署が発行した、顔写真付きの、いわゆる身分証明書(有効期限内)」のご提示をいただいて、ご本人であるかどうかの確認をしています。
ただし、確認がとれないからといって届け出られないということはありません。

戸籍

Q.離婚すると戸籍はどうなりますか?
A.婚姻したときに氏が変わった方は夫妻の戸籍から除籍され、
(1) 婚姻前の戸籍にもどる
(2) 自分一人の新しい戸籍を作る
のいずれかを選ぶことができます。

Q.離婚後に自分一人の新しい戸籍を作る予定ですが、どこに本籍を定めればよいですか?
A.新しく定める本籍はご本人が任意に定めることができます。
ただし、ご希望の番地に地番が無いなどの場合は、その番地に本籍を定めることはできません。

Q.離婚したことが記載された戸籍謄本が必要ですが、届け出たその場で取得できますか?
A.いいえ、その場では取得できません。稲城市役所に離婚届を出した場合、稲城市にある戸籍は原則として4営業日後にお取りいただけます。
ただし、届け出た役所や本籍の場所、書類上の不備などによって、4営業日後にお取りいただけない場合もありますので、詳しくは問い合わせてください。

氏(苗字)

Q.離婚すると氏はどうなりますか?また、氏を変えたくない場合はどうしたらよいですか?
A.原則として、婚姻したときに氏が変わった方は、離婚すると婚姻前の氏にもどります。その方が離婚後も現在の氏を名乗り続けたい場合は、戸籍法77条の2の届出(「離婚の際に称していた氏を称する届」)が必要です。これは離婚届と同時に、あるいは離婚から3カ月以内であれば出すことができます。

Q.離婚して婚姻前の氏に戻しましたが、やはり婚姻していたときの氏を名乗りたいと思います。
離婚してから3カ月以上経っていますが、戸籍法77条の2の届出はできますか?
A.離婚後3カ月を経過してしまうと、戸籍法77条の2の届出はできません。婚姻中の氏を名乗りたい場合は、家庭裁判所に氏変更の申立てをして、許可を得られれば「氏の変更届」を出すことによって、婚姻中の氏に戻すことができます。

Q.戸籍法77条の2の届出をしましたが、やはり婚姻前の氏に戻したいと思います。どうしたらよいでしょうか?
A.家庭裁判所に氏変更の申し立てをしてください。家庭裁判所の許可を得られれば「氏の変更届」を出すことによって、婚姻前の氏を名乗ることができます。

子供

Q.未成年の子は親権者を決めなければいけませんか?
A.離婚する際には、夫妻の未成年の子について、どちらが親権者となるかを決めなければいけません。離婚届の「未成年の子の氏名」欄の、親権を行う側の欄に子の氏名(フルネーム)を記入してください。

Q.子の親権を妻が行う予定ですが、子は自動的に妻の離婚後の戸籍に入りますか?
A.いいえ、妻が親権者となっても、子の戸籍や氏は自動的には変わりません。離婚後の妻の戸籍に子を入れたい場合は、家庭裁判所での手続き(子の氏の変更許可申立)が必要です。

Q.家庭裁判所から子の氏の変更許可(母の氏への変更)がおりましたが、どうすればよいでしょうか?
A.次の届出人が添付書類と一緒に「入籍届」を出してください。
【届出人】

  • 子が15歳未満の場合=親権者
  • 子が15歳以上の場合=子本人(届出人欄に子本人の署名があれば、役所に持参するのは親権者でも構いません)

【添付書類】 

  • 家庭裁判所の許可審判書
  • 子の戸籍謄本(子の本籍地の役所に届け出る場合は不要)
  • 母の戸籍謄本(母の本籍地の役所に届け出る場合は不要)

離婚届後の手続き

Q.離婚届後に必要な手続きはありますか?
A.個人によって必要な手続きが異なります。
よくある手続きは次のとおりです。
【各種の名義変更】
運転免許証、保険証、金融機関口座など
【健康保険の異動届】
【年金の種別変更届】
【子の氏の変更許可申立】(上記の「子供」を参照)

【児童扶養手当の申請】
【児童育成手当(育成手当)の申請】
【ひとり親医療助成の申請】

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 市民課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る