このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

わがまち稲城2018 小川忠吉(おがわただよし)さん

更新日:2018年1月5日

楽しいから続けられる 75歳世界2位のアスリート

平成29年10月にトライアスロン大会であるアイアンマン世界選手権が行われ、矢野口在住の小川さんが出場し、75歳から79歳の部で見事世界第2位に輝きました。
アイアンマン世界選手権は毎年ハワイ島コナで開催され、水泳3.8キロメートル、自転車走行180.2キロメートル、マラソン42.195キロメートルを行います。世界各地の予選大会で上位に入らなければ出場できない世界最高峰の大会です。
コナでは「コナウインド」と呼ばれる強い風が吹き、また当日は例年より湿度が高く過酷な大会となりました。小川さんは脱水しないように対策として水をたくさんかけたり、ペースをコントロールする等して見事2位でゴールしました。感想を伺うと「完走した人が全て勝者。順位はその次。」と順位よりも自分自身との戦いであり、そこがトライアスロンのおもしろさだと説明してくれました。

小川さんがトライアスロンを始めたのは60歳の頃でした。「何もせずに歳をとりたくない、何かにチャレンジしたい」という思いと、偶然東京ヴェルディトライアスロンチームのコーチに出会ったことが重なり、チャレンジを決意しました。最初は短い距離でしたが、徐々に虜になり今に至ります。

普段のトレーニングで気を付けていることは「やりすぎないこと」だそうです。やりすぎて体を壊すと、しばらく練習ができなくなってしまうので、自身の体調を見ながら練習量を決めています。それでも水泳を週3から4回、ランニングを週2から3回、自転車を週2回練習しています。

トライアスロンの魅力について伺うと「途中は辛いが、応援・声援での感動や、ゴールでの快感は忘れられない。今後も、色々な国の大会に出場して、景色や応援の違いなどを感じたい。なにより楽しいので続けていきたい。」と語ってくれました。

終始笑顔で元気な小川さん。今後も体に気を付けて、楽しく活動を続けてほしいです。

画像 バイクの様子

このページについてのお問い合わせ

稲城市 総務部 秘書広報課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る