このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

わがまち稲城2018 荻原美里(おぎはらみさと)さん

更新日:2018年1月5日

活躍の場は世界 インラインスケート・フリースタイル

稲城第一小学校6年生の荻原さんが世界大会である「上海スラロームオープン」(平成29年8月)に出場しました。この大会には各国から参加し、出場枠ごとに世界1位を決める戦いが繰り広げられました。
荻原さんはクラシックスラロームジュニア女子に小学生で唯一出場が叶いました。

インラインスケートは欧米や中国などではとてもメジャーなローラースポーツです。ジャンプ等を競うアグレッシブ競技やスピード競技、ダンスやホッケー等が行われます。荻原さんが挑戦しているのは「フリースタイル・クラシック」。ミニパイロンを並べ、その間を音楽に合わせて滑ります。技には様々な種類があり、シット(しゃがむ)系やジャンプ系などで分けられ、より難易度が高い技には高得点が付けられます。
 「浅田真央ちゃんみたいに滑ってみたい!」当時、6歳だった荻原さんはインラインスケートと出会いました。上達してからはダンスパフォーマーとして活躍する一方、インターネットの動画を見て様々な技を習得し、フリースタイル・クラシックの国内大会で活躍してきました。現在は「トゥークリスティー」という最高難易度の技を練習中です。また、インラインスケートに必要なバランス感覚を高めるためにバレエを習ったり、海外遠征のために英語を習ったりと、努力を惜しみません。

平成30年度には、上海スラロームオープンよりもハイレベルな世界大会が控えています。まずは出場権の獲得を、そして世界の舞台で輝く荻原さんがとても楽しみです。
荻原さんの活動は「インラインスケートにちょうせん」ホームページ(外部リンク)で配信されています。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 総務部 秘書広報課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る