このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアル

更新日:2019年6月1日

平成29年に内閣府が公表した「避難勧告等に関するガイドライン」に基づき、「稲城市避難勧告等に関するガイドライン」を修正し策定しておりましたが、平成30年7月豪雨では、西日本の各地で甚大な被害が発生し、避難行動を促す情報が出されたものの自宅に留まる等により、多くの方が亡くなるなど人的被害が発生いたしました。

これらを踏まえ、内閣府は平成31年3月に、平成30年7月豪雨を教訓として住民が「自らの命は自らが守る」意識をもって自らの判断で避難行動がとれるよう住民がとるべき行動を5段階に分け、情報と行動の対応及び様々な防災気象情報と警戒レベルの関係性を明確化し、住民の自発的な避難判断等の支援と警戒レベルを用いた情報から避難行動を直感的にわかるよう内容の追加と充実を図りました。
本市においても内閣府が示した「避難勧告等に関するガイドライン」に準拠し、「稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアル」として策定しました。
なお、今後は「稲城市避難勧告等に関するガイドライン」ではなく、「稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアル」に名称も変更しました。

稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアルの内容

避難勧告等判断・伝達マニュアルについて

1 策定理由について
2 稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアルの概要
3 稲城市避難勧告等判断・伝達マニュアルの主な改正点
第1章 避難勧告等を受け取る立場にたった情報提供の在り方
第2章 要配慮者の避難の実効性を高める方法
1 要配慮者施設等とは
2 避難確保計画の作成
3 情報が確実に伝達される情報伝達体制
4 避難訓練の実施及び定期的な確認
5 躊躇なく避難勧告等を発令するための市の体制構築

避難勧告等判断・伝達マニュアル【発令基準・防災体制編】洪水等

第3章 発令基準・防災体制編
第1編 洪水等(多摩川・三沢川の破堤・越水氾濫)
1 多摩川で警戒すべき区間・箇所
2 三沢川で警戒すべき区間・箇所
3 避難すべき区域
4 避難勧告等の発令地域について
  多摩川浸水想定区域
  三沢川浸水想定区域
5 地域の情報収集方法
6 避難勧告等の発令の判断基準
7 避難勧告等の伝達方法
  洪水予報伝達系統図
  多摩川重要水防箇所

避難勧告等判断・伝達マニュアル【発令基準・防災体制編】土砂災害

第2編 土砂災害
1 市内で警戒すべき箇所
2 避難すべき区域
3 地域の情報収集方法
4 避難勧告等の発令の判断基準
5 避難勧告等の伝達方法
  土砂災害警戒情報伝達系統図

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 消防本部 防災課
東京都稲城市東長沼2111番地 (稲城消防署)
電話:042-377-7119 ファクス:042-377-0119

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る