このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

IHクッキングヒーターを正しく使用し、火災を予防しましょう

更新日:2021年9月6日

IHクッキングヒーターは安全?

IHクッキングヒーター(以下「IH」という。)は、取扱説明書どおりに使用すれば安全な製品です。ただし、誤った取扱いをすると、火災が発生する危険があります。

火災事例

IHに搭載された、ラジエントヒーター(注釈)の上に段ボールが置かれた状態で、誤ってラジエントヒーターのスイッチを押してしまったことで、段ボールに着火し火災に至った。

(注釈)ラジエントヒーターとは、磁力ではなく、ヒーター部分を加熱することで鍋に熱を伝えるため、ヒーター部分が熱くなります。そのため、アルミ、ガラス及び土鍋等金属以外の鍋を使うことができ、ガスコンロの中火程度の火力となり、3口IHの3つめのヒーターとして予備的に設定されていることが多いヒーターです。


IHクッキングヒーター

IHを正しく使用し、火災を防ぐポイント

1  普段からIH上や周辺に可燃物を置かないように注意しましょう。特に、ラジエントヒーター搭載IHの場合、ラ
 ジエントヒーター部分が使用中に高温となるため危険です。
2 加熱中は、絶対にその場を離れず、注意を逸らさないようにしましょう。
3 フライパンや鍋はIH対応のものを使用しましょう。IH対応でないものを使用すると、安全装置のセンサーが作
 動しないことがあります。
4 揚げ物をする際は、揚げ物モードを使いましょう。また、取扱説明書に書かれた油量を使いましょう。少量の油
 では、急激な加熱により、安全装置のセンサーが作動する前に、発火温度に達することがあります。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 消防本部 予防課
東京都稲城市東長沼2111番地 (稲城消防署)
電話:042-377-7119 ファクス:042-377-0119

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る