このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

特定外来生物「オオキンケイギク」について

更新日:2021年4月26日

5月から7月頃にかけて咲くオオキンケイギクは、鮮やかな黄色い花をつけるキク科の植物で、稲城市内でも道端や河川敷などで見かけられています。
オオキンケイギクは、繁殖力が強く、在来種を駆逐しており、日本の生態系に重大な影響を及ぼす恐れがある植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定され、栽培や運搬、販売、野外に放つことなどが原則禁止されております。

特定外来種とは

特定外来生物とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれのあるものと指定された生物です。
特定外来生物に指定されたものは、外来生物法の規定に基づき、飼育、販売、保管、運搬、輸入、譲渡、販売、野外へ放つことをなどを原則禁止しています。
外来生物法に違反すると、個人の場合は最大で300万円の罰金、もしくは3年以下の懲役、法人の場合は、最大で1億円の罰則がかされます。
特定外来生物の詳細につきましては、環境省のホームページをご覧ください。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。日本の外来種対策(環境省ホームページ)

オオキンケイギクの特徴

花の特徴

・コスモスに似た形状で、直径5cmから7cmの頭状花(茎の先端に1つの花が付く)
・花びら(舌状花)の色は黄橙色で、花の中央部(管状花)も同じ色
・花びらの先端が不規則に4から5つに分かれる

葉の特徴

・細長いへら状で、対生(茎の両側に葉がある)
・葉の両面には荒い毛があり、葉の周囲はなめらか(鋸歯がない)
・葉の一番幅がある部分の幅は、1cm程度
・成長がすすんだ葉は、3から5枚の裂片に分かれる。裂片は楕円形

オオキンケイギクの駆除にご協力ください

生態系の保全のため、オオキンケイギクが生えていた場合は、駆除のご協力をお願いします。

駆除の方法

1.多年草のため、根が残ると再び生えてくるので、根元から株ごと引き抜きましょう。
2.種子や根を落とさないように袋に入れ、密閉し、枯らしてください。
3.土はなるべく落とし、燃えるごみとして処分してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 都市環境整備部 緑と環境課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-378-9719

本文ここまで
このページの先頭へ

サブナビゲーションここから

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る