このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

健康稲城21

更新日:2012年7月23日

健康日本21とは

 国の21世紀における国民健康づくり運動「健康日本21」の最大の目標は、国民一人ひとりが病気や寝たきりなどにならないよう、健康でいられる期間=健康寿命を延ばすことです。このため、「健康日本21」では、「すべての国民が健康で明るく、元気に生活できる社会」の実現のために、栄養・運動・休養・こころの健康づくり・歯の健康など、健康づくりに向けた9つの目標を掲げています。

健康稲城21とは

 国の「健康日本21」などを踏まえ、市では、市民が主体的に取り組む健康づくり運動を総合的に推進していくための指針として「健康稲城21」を策定しました。
 現代では、食生活の変化や運動不足・飲酒・喫煙などによる、がん・心臓病・脳卒中・糖尿病などの「生活習慣病」や認知症、寝たきりといった高齢化に伴う障害が増加しています。
 いつまでも健康で、心豊かに充実した生活を送るためには、市民一人ひとりが自分の「こころとからだ」の健康の源となる「栄養・運動・休養」に関心を持ち、主体的に健康づくりに取り組むことが基本となります。そのためには、健康づくりの基本である「自らの健康は自らで守り、自らでつくる」を推進し、それぞれの年代に応じた望ましい健康的な生活習慣を身に付けることが必要です。
  市では、高齢期においても生活の質を維持することができるよう、乳幼児の世代から健康的な生活習慣づくりに取り組み、疾病の発症そのものを予防する「一次予防」に重点を置いた、市民が主体的に取り組む「こころとからだ」の健康づくりを推進してまいります。
 そこで、「健康稲城21」では、「健康なまち・いなぎ 食卓に笑顔があふれるまちづくり」の実現を目指して、健康づくりに向けた以下の3つのテーマ別に全16の施策を掲げ、事業を推進してまいります。
(1) 健康的な生活習慣づくり
(2) 生涯を通じた疾病予防の推進
(3) 地域医療と健康づくりを支える環境の整備

施策の内容

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 健康課
東京都稲城市百村112番地の1 (稲城市保健センター内)
電話:042-378-3421 ファクス:042-377-4944

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る