このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

更新日:2022年9月14日

初回支給に加え、再支給も可能になりました。
制度は変更されることがあります。制度の詳細は、下記、「厚生労働省案内サイト」をご覧いただくか、「福祉くらしの相談窓口」にお問合せください。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化している中で、緊急小口資金や総合支援資金の貸付が終了する等の状況にある世帯に対して、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげるため、自立支援金を支給します。

支給対象者

世帯の生計を主に維持している方で、収入要件・資産要件・求職活動要件等を満たす方が対象です。
詳しくは以下をご確認ください。

対象者には、郵送等でご案内しています。案内が届かない方や転入された方などはお問い合わせください。

申請受付期間

令和3年7月1日から令和4年12月31日まで(延長になりました)

支給額(月額)

1人世帯

6万円

2人世帯

8万円

3人以上世帯

10万円

支給期間

初回支給

3カ月

再支給

3カ月

申請の流れ

支給要件をご確認のうえ、申請書類を提出いただきます。
申請書類に基づき審査を行い、支給要件に該当する方に自立支援金を支給します。
詳しくは以下をご覧ください。

申請方法

稲城市役所2階「福祉くらしの相談窓口」で受付をします。
郵送、または、持ち込みでご申請ください(持ち込みで申請する場合は、密を防止するために事前に電話予約をお願いします)。
申請に必要な書類については、以下の自立支援金申請書類チェックリストに記載されている書類をご用意ください。

支給決定後の求職活動について

本支援金は、新たな就労等に向けた支援を行うための制度です。
このため支給決定後は、支給期間中の求職活動等の内容がわかる書類を毎月ご提出いただきます(生活保護申請中の方はその旨を報告してください)。
報告関係の書式は以下のとおりです。

お問い合わせ

稲城市自立支援金専用ダイヤル(平日午前8時30分から午後5時)

電話 080-7607-4999、電話 080-7607-5288

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 生活福祉課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る