このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期間の延長について

更新日:2020年5月25日

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防ぐため、自立支援医療(精神通院)の受給者証更新について、下記の対象者に限り、有効期間が1年間延長されます。
延長にあたり手続きは必要ありません。現在お持ちの受給者証をそのままお使いください。

注釈:各都道府県が医療機関へ周知を行いますが、万一、医療機関に尋ねられた場合は、この自動延長のことをお伝えください。

対象者

次の2つとも当てはまる方

  1. 受給者証の有効期間が令和2年3月1日から令和3年2月28日までに満了する
  2. まだ更新申請をしていない

受給者証について

更新前の受給者証を引き続き使用できます。所得区分や東京都医療費助成も更新前と同じです。国保受給者証をお持ちの方も、現在のものを引き続き使用できます。

注釈:更新申請することもできます。その場合、東京都で認定されれば新しい受給者証が発行されます。

受給者証に変更事項がある場合

受給者証の記載内容(住所、所得区分、保険証など)に変更があれば、変更申請が必要です。

その際は、窓口の混雑緩和のため、できるだけ郵送により申請していただくよう、ご協力をお願いします。
(返送用も含めて郵便料はご負担いただきます)
必要書類などはお問い合わせください。

郵送による申請先
郵便番号206-8601 稲城市役所 障害福祉課 精神申請担当 行

注釈:郵便番号と宛名だけで(住所は書かなくても)届きます。

次回の更新について

今の受給者証の状況と今回の方法により、次の4パターンに分かれます。

1 今の受給者証の左上に「次回の更新申請時は診断書が原則必要です」と書いてある方
 (1)自動延長した場合  次回は診断書が必要です。
 (2)更新申請した場合  次回は診断書は必要ありません。

2 今の受給者証の左上に「次回の更新申請時は診断書が原則不要です」と書いてある方
 (1)自動延長した場合  次回は診断書は必要ありません。
 (2)更新申請した場合  次回は診断書が必要です。

東京都福祉保健局ホームページ

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。【重要なお知らせ】自立支援医療(精神通院医療)の受給者証等の有効期間の延長について

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 障害福祉課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る