このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

産前産後期間の国民年金保険料免除制度

更新日:2019年6月19日

国民年金第1号被保険者が出産する際には、申請により出産前後の一定期間の国民年金保険料が免除されます。

対象者

「国民年金第1号被保険者」で出産日が平成31年2月1日以降の方

免除期間

出産予定日または出産日が属する月の前月から4か月間の国民年金保険料が免除されます。なお、多胎妊娠の場合は、出産予定日または出産日の属する月の3か月前から6か月間の国民年金保険料が免除されます。
注釈:出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいい、死産、流産、早産された方を含みます。

産前産後期間の取扱い

産前産後期間として認められた期間は、保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。

申請時期

出産予定日の6か月前から申請可能で、出産後の申請もできます。

申請先

市役所保険年金課

申請に必要なもの

(1)年金手帳、母子健康手帳
(2)印鑑(本人が署名する場合は不要)
(3)出産後の申請で被保険者と子が別世帯の場合は、出生証明書など出産日および親子関係を明らかにする書類

問い合わせ

保険年金課 電話 042-378-2111 内線142、143
府中年金事務所 電話 042-361-1011

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 保険年金課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る