テキスト版
広報いなぎ
令和元年10月15日号 7面


      
お手伝いします マイナンバーカード(個人番号カード)の申請
⇒戻る
 マイナンバーカードは、本人確認の際に、公的な身分証明書として使用できる他、コンビニエンスストアのマルチコピー機から、住民票などの証明書を取得できる便利なカードです。
 市では、無料で写真撮影を行い、オンライン申請のお手伝いをしています。
※ カード交付の際は、後日来庁が必要です。
※ 出張所では交付不可
市民課市民窓口係での受付
▽期日 毎週月曜日から金曜日
▽時間 午前8時30分から正午、午後1時から午後4時
※ 休日開庁日は行いません。
平尾・若葉台出張所での受付
▽期日 毎週火曜日・木曜日
▽時間 午前9時から正午、午後1時から午後4時
※ 前日までに窓口・電話での予約が必要
◆共通事項
▽持ち物 本人確認書類(下表参照)、通知カードと一緒に届けられた「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書」(紛失した場合は、本人確認書類のみ)
▽問い合わせ 市民課市民窓口係

▲撮影から申請までサポートします

種別本人確認書類
A(1点持参)顔写真付の公的な身分証明証
(例)運転免許証、住民基本台帳カード、パスポート、障害者手帳など
B(2点持参)「氏名と生年月日」または「氏名と住所」の記載された書類
(例)健康保険証、各種年金証書、介護保険証、社員証、学生証 など


      
法テラス多摩・弁護士会多摩支部 無料法律相談会
⇒戻る
▽期日 令和元年10月28日(月曜日)
▽時間 午後1時30分から午後4時40分(1人30分以内)
▽会場 市役所2階市民相談室
▽定員 5人(申込先着順)
▽申込方法 電話〔令和元年10月16日(水曜日)から〕
▽予約受付時間 午前8時30分から午後5時
※ 正午から午後1時、土曜日・日曜日、祝日を除く。
▽申込先・問い合わせ 市民協働課市民生活係 電話 042-378-2286(予約専用)

      
裁判所の調停委員による 無料調停相談会
⇒戻る
 土地建物・金銭債務・近隣問題・交通事故・親族間のもめごと等について、裁判所の調停委員に、調停手続きの相談ができます。
※ 秘密厳守
▽期日 令和元年11月9日(土曜日)
▽時間 午前10時から午後3時30分
▽会場 町田市民フォーラム4階(町田市原町田4の9の8)
▽問い合わせ 東京民事調停協会連合会(東京簡易裁判所墨田庁舎内) 電話・ファクス 03-5819-0267(平日午前10時から午後4時)

      
市民活動支援講座 はじめてのマインドフルネス 日常生活でストレスと共存する方法
⇒戻る
 ストレスと共存する方法を学び、心身を整えて健康な毎日を過ごしましょう。
▽期日 令和元年11月10日(日曜日)
▽時間 午後1時30分から午後3時
▽会場 地域振興プラザ4階
▽定員 100人
▽講師 杉山 風輝子氏(文京学院大学人間学部心理学科助手)
▽費用 300円(市民活動サポートセンターいなぎ会員除く)
▽申込方法 電話
▽申込先・問い合わせ NPO支え合う会みのり 電話 042-378-8757、NPO ポーポーの木 電話 042-379-3373、いなぎ認知症家族の会「オレンジi」 電話 080-1150-3415(平日午前10時30分から午後5時)

      
金曜サロンスペシャル 馬に魅せられた夢 アイドルが経営者になるまで
⇒戻る
 百村でフレンチレストランを営み、歌謡曲デュオ「ザ・カシューナッツ」として活躍している椎名友希さんが、競馬ジャーナリストや競馬アイドルとして活動する中、店の経営に至った経緯などをお話しします。
▽期日 令和元年11月1日(金曜日)
▽時間 午後7時から午後9時
▽会場 地域振興プラザ1階
▽講師 椎名 友希氏(百村在住)
▽問い合わせ 市民活動サポートセンターいなぎ 電話 042-378-2112

      
シニア世代のお金について知っておきたいこと ライフプランニングと生きがいへの再就職セミナー
⇒戻る
 老後のライフプラン、マネープランの必要性や最新の年金制度についてお話しします。
▽対象 おおむね50歳以上で再就職を希望する方
▽期日 令和元年11月25日(月曜日)
▽時間 午後1時30分から午後4時30分
▽会場 地域振興プラザ4階
▽定員 40人(申込先着順)
▽講師 下島 利光氏(ファイナンシャルプランナー、キャリアコンサルタント)
▽持ち物 筆記用具、雇用保険受給資格者証(お持ちの方)
▽申込方法 電話、ファクス、メール〔令和元年10月16日(水曜日)から、必要事項 (1) 住所 (2) 氏名 (3) 年齢 (4) 電話番号〕
▽主催・申込先・問い合わせ はつらつワーク稲城 電話 042-379-1333、ファクス 042-370-2321、メールアドレス hatsuratsu@inagishakyo.org

      
ボランティア募集 ふれあいセンター坂浜
⇒戻る
 社会福祉協議会では、誰でも楽しく気軽に利用できる地域の居場所としてふれあいセンターを設置し、支え合いの地域づくりを進めています。
 ふれあいセンター坂浜の運営に関わるボランティアを募集します。詳細は「稲城市社会福祉協議会」ホームページをご覧ください。
▽申込先・問い合わせ 社会福祉協議会地域福祉係 電話 042-378-3800

      
シャッター
⇒戻る
感謝状を贈呈しました
(令和元年9月9日)

 救急の日に伴い、稲城市の救急業務の充実発展に多大な貢献をされた稲城市立病院・新百合ヶ丘総合病院・聖マリアンナ医科大学病院救命救急センター・日本医科大学多摩永山病院救命救急センターに、稲城消防署長から感謝状を贈呈しました。



稲城クロス
(令和元年9月29日)

 稲城北緑地公園の河川敷特設コースで、シクロクロスの競技大会「稲城クロス」が開催され、市内外270人の選手による熱戦が繰り広げられました。約1,300人の観客が訪れ、大いに盛り上がりました。



駒沢女子大学からベンチの寄贈
(令和元年9月30日)

 駒沢女子大学の学生が製作したベンチが市役所・若葉台公園に寄贈されました。市役所・若葉台公園にお越しの際は、ぜひご利用ください。



東京都功労者表彰を受賞
(令和元年10月1日)

 稲城市女性防火クラブが、地域の防火・防災・防犯意識の普及啓発に努め、地域防災力の向上に貢献した功績が認められ、令和元年度東京都功労者表彰を受賞しました。


      
ヘルスメーター 長寿の鍵はヘルスリテラシー
⇒戻る
 リテラシーとは読み書き能力のことですが、ここでは情報の理解力の意味でお話しします。
 例えば、医者に「風邪でしょう」と診断されても、実は簡単な診察では100%の診断は困難です。診察や検査で分かることには限界があります。例えば心電図検査で異常無しと診断されても、その翌日、心筋梗塞を患ってしまうこともあるのです。
 今後の経過で何らかの検査が必要になることもあると理解していただければ幸いです。
情報に基づく意思決定
 健康診断の結果を解釈する能力も大事です。生活習慣病は体の老化を早めます。錆びた車は修理のしようがないように、後々になると、継ぎはぎの治療しかできません。今すぐ体のメンテナンスを始めるべきです。
疾病予防のための意思決定
 さらに大事なことはがん検診です。早期がんで治療した方はがんに罹ったと思っていないくらい皆さん元気です。もし、がんで亡くなった方に話を聞くことができたら、きっと、がん検診受診の大切さ、早期がんで発見することの大切さを切々と語ってくれるでしょう。

 では、どうしたらヘルスリテラシーを高めることができるでしょうか。お勧めは、ご家族で健康診断の結果などを話題にすることです。そして疑問は何でも医師に尋ねましょう。

稲城市医師会 中島 一生美(なかしま かずおみ)

      
就労支援情報
⇒戻る
 仕事を探している方、資格取得を目指している方等に様々な就労支援情報を発信しています。詳細は市ホームページ内「くらし・手続き→就労・産業・創業」をご覧ください。
▽問い合わせ 経済観光課商工係