稲城市

デザインマンホール蓋を製作しました!

最終更新日:2019年12月11日

稲城市では、「メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクト」の一環として、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する「ガンダム」、「疾風!アイアンリーガー」に登場する「マグナムエース」、「ヤッターマン」に登場する「ヤッターワン」、「装甲騎兵ボトムズ」に登場する「スコープドッグ」、そして市の公式イメージキャラクターである「稲城なしのすけ」の5種類のデザインマンホール蓋を製作しました。
観光資源としてこれらのデザインマンホール蓋を活用するとともに、これまで同プロジェクトで製作したモニュメント等と組み合わせることで市内の回遊性を向上させ、観光客の誘致促進及び地域活性化を図ります。
なお、今回製作したデザインマンホール蓋は、東京都の「平成31年度デザインマンホール蓋設置・活用等推進事業補助金」の交付を受けて製作しています。

写真 ガンダムデザイン
ガンダム

写真 マグナムエースデザイン
マグナムエース

写真 ヤッターワンデザイン
ヤッターワン

写真 スコープドッグデザイン
スコープドッグ

写真 稲城なしのすけデザイン
稲城なしのすけ

デザインについて

「ガンダム」、「マグナムエース」、「ヤッターワン」、「スコープドッグ」は、メカニックデザイナーの大河原邦男氏にデザインしていただきました。右側の青色のラインは、三沢川、大丸用水、多摩川の豊かな水、下部の緑色と茶色の部分は豊富な緑と自然が表現されています。
「稲城なしのすけ」は、マルチクリエイターの井上ジェット氏にデザインしていただきました。水の流れ、多摩丘陵、自然のほか、特産品である梨とぶどうが表現されています。

デザインマンホール蓋の設置場所について

ガンダム

JR南武線稲城長沼駅前

マグナムエース

JR南武線矢野口駅前

ヤッターワン

JR南武線南多摩駅前

スコープドッグ

京王相模原線若葉台駅周辺

稲城なしのすけ

京王相模原線若葉台駅周辺

メカニックデザイナー大河原邦男プロジェクトについて

稲城市は、メカニックデザイナーとして高名な大河原邦男氏の出身地ということで、大河原邦男氏のデザインによる作品を稲城市内に設置することや、トークイベントの開催等により、子どもや家族にとって魅力的な街づくりを進めており、このプロジェクトを通じて、稲城市の魅力を向上させ、地域の活性化、観光事業の推進、定住者の増加等につなげております。

これまでの主な取り組み

平成28年4月に、いなぎ発信基地ペアテラス前に「ガンダム」と「シャア専用ザク」のモニュメントを設置し、平成29年3月には、周辺の用水路転落防止柵に「スコープドッグ」と「ヤッターワン」のデザインプレートを設置しました。
また、平成29年4月には、JR南武線南多摩駅の分量橋公園に「ヤッターワン」のモニュメントも設置しています。
モニュメント等の設置以外にも、大河原邦男氏をメインホストとし、“ものづくり”に焦点を当てたイベント「メカデザイナーズサミット」を平成24年度から毎年開催しており、市内外から多くの方が来場されます。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 経済観光課
電話:042-378-2111