稲城市

江戸の里神楽(さとかぐら)

最終更新日:2019年6月7日

穴沢天神社の祭礼について

令和元年の穴沢天神社の祭礼は、8月25日(日曜日)です。
江戸の里神楽は午後1時ごろから、穴沢天神社内の神楽殿にて見ることができます。

画像 江戸の里神楽
江戸の里神楽

神楽と江戸の里神楽の歴史

神楽(かぐら)は古代に発生した芸能で、民俗芸能(みんぞくげいのう)の中では最も古い歴史をもつと言われます。その起源は、神霊(しんれい)を慰(なぐさ)めるために演じたもので、神に捧げる舞踊でした。「神を招き迎えたときの神霊の依(よ)りたもう座(ざ)」を意味する神座(かむくら)という言葉が、神楽の語源と考えられます。
古代に発生した神楽は、江戸時代初期には江戸市中に伝わり、江戸庶民の好みに応じて、いろいろな形に変化します。その一つが江戸の里神楽で、江戸と周辺の村々の神社の祭礼などで盛んに里神楽が奉納(ほうのう)されました。この江戸の里神楽の特徴は、仮面を付けた黙劇(もくげき)であり、神話の世界を題材としたものを中心に演じられたことです。また演じる人たちが専業の神楽師(かぐらし)であったこともあげられます。
現在都内には、四つの江戸の里神楽が伝承されています。間宮(まみや)社中(品川区)、若山(わかやま)社中(台東区)、松本(まつもと)杜中(荒川区)と稲城市の山本(やまもと)杜中です。四社中とも国の重要無形民俗文化財に指定されています。

稲城の江戸の里神楽

山本頼信(やまもとよりのぶ)社中の江戸の里神楽は、初代の山本権律師弘信(やまもとごんりつしひろのぶ)が室町時代初期の応安(おうあん)6年(1373年)に創始したといわれ、現在の家元山本頼信氏は十九代に当たります。山本家の近くにあった国安神杜(くにやすじんじゃ)で神楽を舞ったのが始まりと言われ、『江戸名所図会(えどめいしょずえ)』(天保(てんぽう)7年刊)には、国安神社と仮殿(かりでん)・社人(しゃじん)の建物が描かれ、この仮殿として描かれた建物が、祈祷殿(きとうでん)としての機能をもち、諸事の祈祷や神楽を舞う場所として使われたのではないかと考えられます。
山本家には江戸時代中期の写本と思われる『神事式名録(しんじしきめいろく)』という神楽の台本のほかに、明和(めいわ)6年(1769年)に記された『岩井神杜鈴森御神楽格式(いわいじんじゃすずがもりおかぐらかくしき)』という古文書(こもんじょ)(神楽の演目と持ち物・形相(ぎょうそう)を記載)など数々の資料が残っています。これらの資料により、江戸時代から現在に至るまで里神楽が綿々と受け継がれてきたことがわかります。また江戸時代中期頃で50座の里神楽が演じられていたことが記録されています。

江戸の里神楽の演目

現在、山本頼信社中では、40数座の里神楽を演じていますが、その中の代表的な演目は次のとおりです。
〔古典もの〕 天之浮橋(あめのうきはし)、黄津醜女(よもつしこめ)、墨江大神(すみのえのおおかみ)、八雲神詠(やくもじんえい)、天之磐扉(あまのいわと)、剣玉生神(けんぎょくせいじん)、神遂蓑笠(かんやらいみのかさ)、天之返矢(あまのかえしや)、幽顕分界(ゆうげんぶんかい)、天孫降臨(てんそんこうりん)、笠沙桜狩(かつささくらがり)、山海幸易(さんかいこうえき)、妖賊剪滅(ようぞくせんめつ)、三輪神杉(みわのかんすぎ)、狭穂討伐(さほとうばつ)、熊曽征伐(くまそせいばつ)、東夷征伐(とういせいばつ)、酒折連歌(さかおりれんが)、兄弟探湯(けいていのさぐりゆ)、億兆豊楽(いひほうらく)、敬神愛国(けいしんあいこく)、三穂崎漁釣(みほがさきうおつり)
〔近代もの〕 紅葉狩(もみじがり)
〔お伽とぎもの〕 稲葉(いなば)の素兎(しろうさぎ)

画像 国安神社神像(江戸名所図会)
国安神社神像(江戸名所図会)

画像 国安神社と仮殿(江戸名所図会)
国安神社と仮殿(江戸名所図会)

画像 「墨江大神」の式三番
「墨江大神」の式三番

画像 「天之磐扉」の神々
「天之磐扉」の神々

このページについてのお問い合わせ

稲城市 教育部 生涯学習課
電話:042-377-2121