このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成25年度「中学生の主張東京都大会」に石塚なつのさん(稲城第四中学校2年生)が発表者として参加しました!

更新日:2013年9月30日

平成25年9月8日、東京都と心の東京革命推進協議会(青少年育成協会)が推進する「心の東京革命」の一環として、平成25年度「中学生の主張東京都大会」が、都庁の都民ホールで開催されました。
この大会は、中学生の自主・自立心を育て、物事を論理的に考える力を育むとともに、より多くの都民に、社会に向けた中学生の思いや考えを理解してもらうことを目的とするものです。
今年度は3,739人の応募の中から10人の中学生が事前選考を通過しました。
稲城第四中学校2年生の石塚なつのさんはその10人の中の一人に選ばれ、自らの思いや考えを力強く発表しました。
以下、石塚なつのさんの発表(題名「人をつなぐ言葉」)の全文をご紹介します。

画像 発表する石塚さん
発表する石塚さん

中学生の主張作文「心の東京革命推進協議会会長奨励賞」受賞作品 「人をつなぐ言葉」 稲城市立稲城第四中学校 2年 石塚なつの

「おはようございます」さわやかな声がこだまする学校の玄関。私達の学校では、あいさつ運動といって朝、地域の方々や先生が玄関に立って登校してくる生徒にあいさつをする日があります。登校中にも、近所の人に「おはようございます」「いってらっしゃい」と温かい声をかけてもらうことがよくあります。もちろん、私からもあいさつをすることを心がけています。あいさつは心と心のつながりであり、コミュニケーションをとる言葉としても、大切だと思います。だから、あいさつのできる私達は、今日も、明日もずっと一つの絆でつながっていると思っています。
「言葉」、それは自分の考えや気持ちを表し、人に伝えるための手段であり、また、相手の気持ちを理解するための手段です。私達は日常生活で、普通に言葉を利用しています。今まで、あまりよく考えたことがありませんでしたが、確かに言葉は自分の考えや気持ちを伝えたりすることができます。私にはある思い出があります。小学校の合唱コンクールの時のことです。私は、伴奏を担当していました。しかし、当日失敗してしまいました。でも、歌い終わってから誰も私を責めませんでした。むしろ、私を励ましてくれました。「お疲れ様」「上手だったよ」「どんまい」と。私はみんなの小さな気遣いの気持ち、言葉が大きな優しさに感じられました。上手に言葉で言い表せませんが、これは、私の中で、悔しかった思い出と、嬉しかった思い出の両方が混ざった宝物のような言葉です。
でも、使い方を間違えると、すれ違いがおきたり、仲違いをしてしまうことがあります。例えば、今私が言葉のことで、一番気になるのは、「言葉遣い」です。私達は、すぐに乱暴な言葉を使ってしまいます。私達のクラスでも、日常会話の中で、他人を傷つけるような言葉が出ています。これらの言葉を言うのは簡単ですが、言われた人は傷つきます。私は、言ってはいけない言葉だということはわかっています。だからと言って、これらの言葉を使ったことがないと言ったらうそになります。これは、友達といる中でのコミュニケーションの一つとなってしまっています。その他にも、「まじ」「やばい」「うける」という言葉をよく耳にします。でも、私の祖父母や両親やそんな言葉を使いません。そんな言葉は社会に通用しないからです。こんな言葉ばかり使っているから敬語が使えない人が出てくるのだと思います。私の周りには、先生にも、先輩にも敬語が使えない人がいます。正直、それはマナー違反です。中学生の先輩後輩関係や、たくさんの大人の人との関わりは、社会への一歩だと思います。言葉は本当は美しいものなのに、間違った使い方をするのはもったいないです。世の中には、数えきれないほどたくさんの言葉があります。その一つ一つには意味があり、長い時を人間と共に歩んできました。
世の中の言葉を百ピースのパズルに例えるなら、私達の知っている言葉は、一ピースにも満たないと思います。だから私は、色々な本を読んで、さまざまな大人の人との関わりの中から、たくさんの言葉を学んでいきたいです。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 総務部 秘書広報課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る