このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

成年後見制度

更新日:2018年12月19日

成年後見制度とは

認知症、知的障害、精神障害などによって判断能力が十分でない方について、本人の権利を守る援助者を選ぶことで、本人を法律的に支援する制度で、法定後見制度と任意後見制度の2つがあります。

  • 法定後見制度とは、本人の判断能力が不十分な場合に使い、判断能力の程度に応じて「補助」「補佐」「後見」の3つに分かれています。家庭裁判所によって選ばれた成年後見人・保佐人・補助人が、本人の利益を考えながら、代理権や同意権・取消権を活用することによって、本人を支援する制度です。
  • 任意後見制度とは、本人に判断能力が十分あるうちに、将来の判断能力の低下に備えて、あらかじめ後見人を選び、療養看護や財産管理などに関する代理権を与える契約を公正証書で結んでおくものです。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。法務省「成年後見制度」のページ(外部リンク)

成年後見制度全般に係る相談

稲城市社会福祉協議会 福祉権利擁護センターあんしん・いなぎ
郵便番号206−0804
稲城市百村7番地(稲城市福祉センター2階)
電話:042-378−5459(専用電話)  ファクス:042-378−4999

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。稲城市社会福祉協議会「福祉権利擁護センターあんしん・いなぎ」のページ(外部リンク)

成年後見制度の手続きのご案内

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。後見サイト(東京家庭裁判所)

市民後見人の養成

稲城市が近隣4市(調布市、日野市、狛江市及び多摩市)と共同運営する多摩南部成年後見センターにおいて、弁護士等の専門職や親族以外で成年後見業務を担う「市民後見人(社会貢献型後見人)」の候補者を養成しています。
例年12月から翌年1月にかけて募集を行っておりますので、関心のある方はぜひご応募ください。

平成31年度受講者募集「市民後見人養成講習」のページ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 生活福祉課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る