このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ウクライナ人道支援に係る募金箱の設置について

更新日:2022年7月6日

市では、命と生活が差し迫った脅威にさらされている、ウクライナの人々を人道支援するため、下記のとおり募金の受付を行います。市内の10カ所の公共施設へ募金箱を設置し、集まった募金は人道支援金として送ります。皆さまのご協力をお願いいたします。

期間

令和4年3月1日(火曜日)から 当面の間

設置場所

市役所本庁舎1階総合案内、平尾出張所、若葉台出張所、市立病院、各文化センター(中央、第二、第三、第四、城山)、地域振興プラザ
注釈:各施設の窓口に募金箱を設置
注釈:市役所本庁舎1階総合案内について、設置は平日の開庁時間帯のみとなります。休日開庁日等については、中央文化センターまたは地域振興プラザ設置の募金箱をご利用ください。

送付先

日本赤十字社

募金箱

令和4年4月19日(火曜日) ウクライナ大使館に募金をお届けしました

令和4年4月19日(火曜日)、在日ウクライナ大使館を訪問し、稲城市で3月1日(火曜日)から4月3日(日曜日)で実施した募金をお渡ししました。贈呈額は、1,950,969円となり、募金にご協力いただいた方々に改めて感謝申し上げます。
当日は、本市からは市長と市議会議員2名が訪問し、稲城市民の平和への願いがこもった浄財を、セルギー・コルスンスキー特命全権大使にお渡ししました。

令和4年7月5日(火曜日) 日本赤十字社へ送金を行いました

令和4年7月5日(火曜日)、稲城市で4月4日(月曜日)から6月30日(木曜日)で実施した募金を、「ウクライナ人道危機救援金」として日本赤十字社へ送金しました。送金額は289,987円となり、募金にご協力いただいた方々に改めて感謝申し上げます。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 総務部 総務契約課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る