このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ごみ処理手数料の使い道

更新日:2020年11月2日

「稲城市ごみ処理手数料」てなに?

「稲城市ごみ処理手数料」とは、皆様が稲城市指定のごみ袋や粗大ごみ処理券を購入する際に支払っている代金のことです。
この手数料は、「ごみを各家庭から収集する費用」や「ごみ処理場でごみを焼却するための費用」などに充てております。
平成31年度のごみ処理には約12億6千万円と、非常に多くの費用が発生しており、ごみ減量は、ごみ処理経費の削減にも繋がりますので、ごみを1グラムでも少なくするため、皆様のご協力をよろしくお願いします。

平成31年度ごみ処理経費(合計約12億6千万円)
項目 費用
ごみを集めてクリーンセンター多摩川へ運ぶ費用 2億8,777万円
クリーンセンター多摩川でごみを砕いて小さくしたり、燃やす費用              3億8,719万円

クリーンセンター多摩川でごみを燃やして残った灰の一部を日の出町の東京たま
エコセメント化施設に運び、エコセメントにする費用

1億7,902万円 
その他経費(指定収集袋作成、販売経費など) 1億 564万円    

資源となる古紙やペットボトルなどをリサイクル施設に運んで再商品化するための費用

2億9,839万円

このページについてのお問い合わせ

稲城市 都市環境整備部 生活環境課
稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る