このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

東京都大気汚染医療費助成制度とは

更新日:2019年5月27日

東京都では、気管支ぜんそくなどの疾病にかかられている方に対し、医療費の助成をしています。
申請には一定の要件を満たしている必要があります。

どのような人が申請できるの?

  1. 18歳未満の方 (18歳の誕生日が属する月の末日までの間にある方を含む。)
  2. 都内に引き続き1年(3歳未満は6か月)以上お住いの方(住民登録されている方)
  3. 現に気管支ぜんそく、慢性気管支炎、ぜんそく性気管支炎、肺気しゅにかかられている方
  4. 健康保険等に加入されている方
  5. 申請日以降喫煙しない方

注釈:1から5すべて満たしていることが必要です。
注釈:18歳以上の方(1に該当しない方)の新規申請の受付は、平成27年3月31日で終了しました。現在認定を受けて医療券をお持ちの方で、生年月日が平成9年4月1日以前の方は、更新申請のみ可能です。

申請手続きはどうすればいいの?

保健センター窓口で申請書類の配布・受付を行っています。
審査の結果、認定された方に医療券を発行します。
窓口での申請者につきましては、原則として、20歳以上は本人、20歳未満は保護者の方が申請者となります。
ただし、20歳以上の方で本人が来られない場合は、代理の方の提出も可能です。
その際には、代理の方の氏名・住所等を提出者欄に記載の上、ご提出ください。
また、20歳未満の方でも、ご自身で書類の内容確認及び提出することができれば、本人から直接提出いただくことも可能です。

どのような助成が受けられるの?

医療券の有効期間内に、医療券に記載された疾病の治療にかかった医療費のうち、健康保険を適用した後の自己負担額について助成します。

助成の対象とならないもの

  • 医療券に記載されていない疾病の医療費
  • 申請にかかる費用(文書作成料・検査費用)
  • 入院時の食事療養・生活療養標準負担額

医療券の有効期間は?

医療券の有効期間は、保健センター窓口が申請書類を受理した日から

  1. 2年を経過した日以降の直近の誕生日に属する末日まで
  2. 18歳の誕生日の属する月の末日まで

いずれか短い方となります(医療券に記載されます)。

なお、有効期間満了後も引き続き助成を希望する方は、更新することができます。
有効期間満了までに(手続きに時間がかかりますのでなるべく1か月前までに)更新の申請をしてください。

注釈:生年月日が平成9年4月2日以降で、有効期間が18歳の誕生日の属する月の末日までの医療券を既にお持ちの方は、更新することができません。

更新手続き 注釈:すでに医療券をお持ちの方

医療券の有効期間満了後も引き続き助成を受けるためには更新申請が必要です。
必ず有効期間内に更新の手続きをしてください。
更新に必要な書類は有効期間満了の約2カ月前にお送りしますので、書類が届きましたらすぐに保健センター窓口で手続きをしてください。

問い合わせ先

手続きについて

保健センター
電話 042-378-3421
手続き可能日時 開庁日の午前8時30分から午後5時

制度について

東京都福祉保健局環境保健課(外部リンク) 
電話 03-5320-4491

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 健康課
東京都稲城市百村112番地の1 (稲城市保健センター内)
電話:042-378-3421 ファクス:042-377-4944

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る