このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ひとり親家庭のための制度

更新日:2017年7月21日

医療費と手当の支給・助成

ひとり親家庭の医療について、保険の自己負担分の費用の助成制度があります。
また、国の制度として児童扶養手当、都の制度として児童育成手当があります。
詳しくはそれぞれの該当ページをご覧ください。

ひとり親家庭等医療費助成制度

児童扶養手当(国制度)

児童育成手当(育成手当)(都制度)

母子家庭及び父子家庭自立支援教育訓練給付金

就職のために必要な資格の取得費用の一部を助成します。

対象者

教育訓練講座を受講する母子家庭の母又は父子家庭の父で、次の要件をすべて満たす方
1.児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得基準にあること
2.当該教育訓練を受講することが適職に就くために必要であると認められるものであること
3.過去に訓練給付金を受給していないこと

支給額

○雇用保険法に基づく一般教育訓練給付金の支給を受けることができない方
 受講費用の60%に相当する額(200,000円を限度とする。受講費用が12,000円を超えない場合は給付対象外)
○雇用保険法に基づく一般教育訓練給付金の支給を受けることができる方
 受講費用の60%に相当する額(200,000円を限度とする。受講費用が12,000円を超えない場合は給付対象外)から雇用保険法に基づき支給される一般教育訓練給付金の額を差し引いた額

申請方法

まず担当職員と事前面談をしていただきます。面談の予約を取る必要があるため、必ず事前にお問い合わせください。

母子家庭及び父子家庭高等職業訓練促進給付金

就職のために必要な資格取得期間中の生活費として、その一部を助成します。

対象者

就職に有利であり、かつ生活の安定に資する国家資格を取得するために養成機関で就業する母子家庭の母又は父子家庭の父で、次の要件をすべて満たす人
1.児童扶養手当の支給を受けているか、同様の所得基準にあること
2.修業年限1年以上の養成機関で一定の課程を修業し、対象資格の取得が見込まれるもの
3.就業又は育児と修業の両立が困難であると認められるもの
4.過去に同じ促進費あるいは一時金の支給を受けていないこと

支給額

1.訓練促進給付金
 市民税課税世帯は月額70,500円、非課税世帯は月額100,000円(上限3年)
2.修了支援給付金
 課税世帯は25,000円、非課税世帯は50,000円(修業期間終了時に支給する)

申請方法

まず担当職員と事前面談をしていただきます。面談の予約を取る必要があるため、必ず事前にお問い合わせください。

母子及び父子福祉資金・女性福祉資金の貸付

貸付の対象

都内に6カ月以上居住している配偶者のいない以下の要件に該当する方が対象となります。
要件:死別、離婚、生死不明、法令による拘禁(長期)、労働能力喪失、未婚の母又は父等
【母子及び父子福祉資金】
1.女子又は男子で20歳未満の児童を扶養している方
2.母子福祉団体
【女性福祉資金】
1.親、子、兄弟姉妹などを扶養している方(所得制限なし)
2.年間所得が2,036,000円以下でかつて母子家庭の母として20歳未満の子を扶養したことのある方又は婚姻暦のある40歳以上の方

資金種類

就学支度資金、修学資金、転宅資金、生活資金、医療介護資金、技能習得資金、修業資金、事業開始資金、事業継続資金、就職支度資金、住宅資金、結婚資金
注釈:修業資金については母子及び父子福祉資金のみ

主な資金の内容と限度額

【就学支度資金】
児童又は子が小学校、中学校、高校、短大、大学、高等専門学校又は専修学校及び厚生労働大臣が定める修業施設へ入学するために必要な資金(入学金、施設費、制服代等)
限度額:小学校40,600円から大学590,000円(学校種別によって異なります) 

【修学資金】
児童又は子が高校、短大、大学、高等専門学校又は専修学校において修学するのに必要な資金(授業料、通学費、教科書代など)注釈:学校や既取得の学歴により、貸付けの対象外となる場合があります。
限度額:高校(公立)月額27,000円から大学(私立)月額81,000円
注釈:公立・私立や自宅通学・自宅外通学によっても限度額が変ります。また、状況によって特別枠での貸付もありますので、ご相談ください。

【転宅資金】
転宅に必要な敷金、前家賃、運送代に必要な資金。契約前に決定を行いますので、契約前に相談ください。
限度額:260,000円

【生活資金】
技能習得期間中、医療介護期間中、生活安定貸付、養育費取得のための裁判費用、失業期間中の資金
限度額:技能習得期間中 月額141,000円
    医療介護期間中、生活安定期間中、失業期間中 月額103,000円(生計中心者でない場合は月額69,000円)
    養育費取得のための裁判費用 1,236,000円
注釈:裁判費用については母子及び父子福祉資金のみ

利子

修学資金、就学支度資金、就職支度資金(児童に係るものに限る)、修業資金は無利子。その他は保証人を立てる場合は無利子(保証人を立てない場合は年1%)

償還方法

月賦、半年賦又は年賦による元利均等償還

連帯保証人

独立生計者1人

申請方法

まず母子及び父子自立支援員と事前面接をしていただきます。
面接の予約を取る必要があるため、必ず事前にお問い合わせください。

ひとり親家庭ホームヘルプサービス

ひとり親家庭にヘルパーを派遣します。

派遣対象

稲城市に住所を有する義務教育終了前の児童のいるひとり親家庭であって、次のいずれかに該当するため、家事又は育児等の日常生活に支障が生じている家庭
1.ひとり親家庭となってから2年以内の場合
2.小学校低学年以下の児童がいるひとり親家庭の場合
3.ひとり親家庭の親又は義務教育終了前の児童が一時的傷病の場合
4.親族等の冠婚葬祭にひとり親家庭の親が出席の場合
5.日常の家事及び育児を行っている同居の祖父母等が一時的傷病の場合
6.技能習得のための通学、就職活動、出張、学校の公式行事への参加等の場合
7.その他ひとり親家庭のためのホームヘルプサービスが必要と認められる場合

援助内容

食事の世話、育児、住居の清掃など

派遣回数

原則として月12回以内

費用等

所得制限はありませんが、所得に応じた本人負担があります。

申請方法

まず母子及び父子自立支援員と事前面接をしていただきます。
面接の予約を取る必要があるため、必ず事前にお問い合わせください。

母子生活支援施設の入所

母子家庭で児童の養育が充分にできない場合、母子をともに入所させて保護し、自立促進のための生活支援を行う施設

入所対象

配偶者のいない女子、又はこれに準ずる事情にある女子であって、その養育すべき児童(18歳未満)について充分な養育ができない母及び児童

援護内容

居室の提供、母子指導員による自立支援、生活支援など

費用

所得に応じ、自己負担があります。

申請方法

まず母子及び父子自立支援員と事前面接をしていただきます。
面接の予約を取る必要があるため、必ず事前にお問い合わせください。

手続き可能日時

開庁日の午前8時30分から午後5時
注釈:休日開庁日を除く。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 子育て支援課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ

サブナビゲーションここから

ひとり親家庭

情報がみつからないときは

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る