このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

こんな時には手続きを

更新日:2017年4月1日

第1号被保険者

会社などに勤めていない人や学生が20歳になったとき

本人による市役所への届け出(第1号)が必要です。
国民年金のご案内(加入届)をお持ちください。

60歳未満の方が就職して厚生年金に加入したとき

勤務先を経由しての届け出(第1号から第2号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をご用意ください。

配偶者の就職により、健康保険の被扶養者となったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出(第1号から第3号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をご用意ください。

収入が減り、配偶者の加入する健康保険の被扶養者となったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出(第1号から第3号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をご用意ください。

海外へ転出する人が、引き続き国民年金に加入するとき

本人による市役所への届け出(第1号から任意加入へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をお持ちください。

住所や氏名が変わったとき

本人による市役所への届け出が必要です。
被保険者の種類に変更はありません。
年金手帳または基礎年金番号通知書をお持ちください。

年金手帳の再交付を受けるとき

本人による市役所への申請が必要です。
被保険者の種類に変更はありません。
運転免許証などの身分証明書をお持ちください。

第2号被保険者

60歳未満の方が会社などを退職したとき

本人による市役所への届け出(第2号から第1号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをお持ちください。

会社をやめて、配偶者の加入する健康保険の被扶養者となったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出(第2号から第3号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをご用意ください。

第3号被保険者

扶養していた配偶者が退職して、自営業など第1号被保険者になったとき

本人による市役所への届け出(第3号から第1号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをお持ちください。

収入が増え、配偶者の加入する健康保険の被扶養者でなくなったとき

本人による市役所への届け出(第3号から第1号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをお持ちください。

配偶者が転職したとき、または配偶者の加入制度が変わったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出(第3号から第3号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をご用意ください。

60歳未満の方が就職して、厚生年金に加入したとき

本人と配偶者の勤務先を経由しての届け出(第3号から第2号へ変更)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書をご用意ください。

国外に居住する第3号被保険者が被扶養配偶者でなくなったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出(第3号から資格喪失)が必要です。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをご用意ください。

住所・氏名が変わったとき

配偶者の勤務先を経由しての届け出が必要です。
被保険者の種類に変更はありません。
年金手帳または基礎年金番号通知書・社会保険資格喪失届の写しをご用意ください。

年金を受けようとするとき

請求方法

誕生日の1日前から市役所保険年金課年金係で請求の届け出ができます。ただし、第2号・第3号被保険者期間のある方は、府中年金事務所または最寄りの年金相談センターへ請求することになります。

 
名称 郵便番号 所在地
府中年金事務所 183-8505 府中市 府中町 二丁目12番地の2
街角の年金相談センター町田 194-0021 町田市 中町 一丁目2番地の4 
新町田ビル5階
街角の年金相談センター立川 190-0012 立川市 曙町 二丁目7番地の16 
鈴春ビル6階
街角の年金相談センター国分寺 185-0021 国分寺市 南町 三丁目20番地の3 
国分寺ターミナルビル8階
街角の年金相談センター新宿 160-0023 新宿区 西新宿 一丁目7番地の1 
松岡セントラルビル8階
街角の年金相談センター大森 143-0023 大田区 山王 二丁目8番地の26 
東辰ビル5階

保険料の支払いが困難なとき

保険料免除制度へ

保険料の免除の相談をしてください。

学生で保険料の支払いが困難なとき

保険料免除制度へ

学生納付特例の申請をしてください。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 保険年金課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る