このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

在外選挙制度

更新日:2017年10月2日

外国に住んでいても国政選挙に参加できる制度です。投票には、在外選挙人名簿への登録が必要です。

登録資格

満18歳以上の日本国民で、住所を管轄する領事官(大使、総領事等)の管轄区域内に引き続き3カ月以上住んでいる方であること。

申請方法

申請者本人または同居家族等が必要書類を持って、在外公館(大使館、総領事館)で申請してください。 申請書は在外公館にあります。

申請に必要な書類

(1)申請者本人の旅券
(2)申請書を提出する領事官の管轄区域内に引き続き3カ月以上住んでいることを証明する書類(住宅賃貸借契約書・居住証明書等)注釈:申請時、既に3ヵ月以上住んでいる場合のみ必要
(3)同居家族等が登録申請をする場合は、申請者が委任したことを示す申出書と委任された同居家族等の旅券

名簿への登録

管轄の在外公館を経由して、市の選挙管理委員会に在外選挙人名簿登録の申請がなされます。登録事項の照会後、市の選挙管理委員会から在外公館を通じて申請者本人に在外選挙人証が交付されます。

投票の方法

在外選挙人名簿に登録されている方は、次のいずれかの方法により投票することができます。

(1)在外公館投票

投票記載場所を設置している在外公館等で、在外選挙人証と旅券等を提示して投票することができます。

(2)郵便投票

選挙期日の4日前までに、在外選挙人証を添えて、登録地の選挙管理委員会に投票用紙を請求し、その後、自宅等で送られてきた投票用紙等に記載をし、登録地の選挙管理委員会に返送することにより投票することができます。
注釈:郵便等のやりとりに時間を要するので、十分に余裕をもってご利用ください。
注釈:投票用紙等の送付先は、在外選挙人証に記載してある「住所以外の送付先」(空欄の場合は「住所」)となるので、送付先の住所に変更がある場合は、忘れずに管轄する在外公館を経由して登録地の選挙管理委員会に届け出をしてください。

(3)日本国内における投票

一時帰国した場合や日本国内に住所を移してから国内の選挙人名簿に登録されるまでの間、在外選挙人証を提示して、次の方法により投票することができます。

選挙当日、投票所における投票

在外選挙人名簿登録地の選挙管理委員会が指定した投票所において投票することができます。

期日前投票

在外選挙人名簿登録地の選挙管理委員会が指定した期日前投票所において投票することができます。

不在者投票

在外選挙人名簿登録地以外の市区町村選挙管理委員会において投票することができます。ただし、事前に在外選挙人名簿登録地の選挙管理委員会に、在外選挙人証を添えて、投票用紙等を請求し、交付を受けている必要があります。

区割りが変更になりました

公職選挙法の改正により、稲城市は衆議院の小選挙区が東京都第21区と東京都第22区に分かれました。
このため、在外選挙人名簿に登録されている方で、最終住所地(平成6年5月1日以降、日本国内に住民登録をしたことがない方は本籍地)が坂浜、平尾、長峰、若葉台であった方は、選挙区が東京都第21区に変更となります。投票の際は、お間違えのないようご注意願います。
ご自分の小選挙区が分からない方は、選挙管理委員会までお問い合わせください。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 選挙管理委員会 事務局
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る