このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

高額医療費の申請

更新日:2017年8月1日

1カ月の医療費が高額になったときは、該当する所得区分の一部負担限度額を超えた分が払い戻しされます。ただし入院時の食事代や差額ベッド代などは支給対象にはなりません。
該当する場合には、広域連合から申請書が郵送されますので、ご記入・押印後に市役所へご提出ください。一度申請をされると、次に該当した場合は指定した口座に振り込まれます。

世帯全員が住民税非課税の方(下表の区分2または1に該当する方)は、市役所へ申請することにより、「限度額適用・標準負担額減額認定証(以下、認定証)」が交付されます。
交付された認定証を医療機関に提示することにより、一部負担金限度額と食事代が該当する所得区分の金額となります。
  区分2・・・世帯全員が住民税非課税の方
  区分1・・・世帯全員が住民税非課税の方で、それぞれの所得金額がすべて0円(公的年金の控除は800,000円として計算)または被保険者が老齢福祉年金受給者

申請に必要なもの

(1) 被保険者証
(2) 認印(朱肉を使用するもの)

自己負担の限度額

所得区分

外来(個人ごと)の限度額

外来+入院(世帯ごと)の限度額

一般病床への入院時の食事代(一食あたり)
3割負担の方 57,600円 80,100円+(10割分の医療費−267,000円)×1% 360円
1割負担の方

14,000円
(注1)

57,600円
(注2)

360円

区分2に該当の方

8,000円 24,600円 210円
ただし、認定証を90日以上持っており、さらにその期間内に90日を超える入院をした後に再申請をした方は、160円

区分1に該当の方

8,000円 15,000円 100円

注1 1年間(毎年8月1日から翌年7月31日)の外来の自己負担額の上限は、144,000円となります。
注2 過去12か月間に4回以上高額療養費に該当した場合の4回目以降の限度額は44,400円となります(多数回該当)。ただし、「外来(個人ごと)の限度額」よる支給は多数回該当に含みません。

手続き可能日時

開庁日(休日開庁を除く)の午前8時30分から午後5時
注釈:郵送可

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 保険年金課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る