このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

限度額適用認定証等について

更新日:2017年6月8日

「限度額適用認定証」、または「限度額適用・食事療養標準負担額減額認定証」(以下、「限度額適用認定証」等)を医療機関に提示すると、医療機関で支払う月ごとの一部負担金が、自己負担限度額までにとどめられます。
注釈:1 保険適用外の費用(文書料、入院中の食事代・差額ベッド代など)は、一部負担金に含まれません。
注釈:2 複数の医療機関で受診した場合や、多数・世帯合算に該当する場合で差額支給があるときには、高額療養費の申請書を別途送付します。

自己負担限度額について

70歳未満の方の自己負担限度額

 
区分 所得要件
(総所得金額等−33万円)
1か月の自己負担限度額
901万円を超える世帯
または、所得未申告世帯
252,600円+(総医療費−842,000円)×1%
<多数回該当:140,100円>
600万円超〜901万円以下の世帯 167,400円+(総医療費−558,000円)×1%
<多数回該当:93,000円>
210万円超〜600万円以下の世帯 80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
<多数回該当:44,400円>
210万円以下の世帯 57,600円
<多数回該当:44,400円>
住民税非課税世帯 35,400円
<多数回該当:24,600円>

「多数回該当」とは、療養のあった月を含む過去12か月間に一つの世帯で自己負担限度額を超えることが4回以上あった場合、4回目以降に適用される自己負担限度額です。

70歳以上75歳未満の方の自己負担限度額

平成29年8月より、「現役並み所得者」と「一般」の方の自己負担限度額が変更になります。
また平成30年度には、所得区分を含めた見直しが予定されています。

 
区分 1か月の自己負担限度額
外来(個人ごと)
【A】
1か月の自己負担限度額
外来+入院(世帯ごと)
【B】
現役並み所得者 平成29年7月診療分まで
44,400円
80,100円+(総医療費−267,000円)×1%
<4回目以降:44,400円(注釈)>
平成29年8月診療分から
57,600円
一般 平成29年7月診療分まで
12,000円
平成29年7月診療分まで
44,400円
平成29年8月診療分から
14,000円
<年間(8月〜翌年7月)限度額144,000円>
平成29年8月診療分から
57,600円
<4回目以降:44,400円(注釈)>
住民税非課税
世帯
低所得者2 8,000円 24,600円
低所得者1 8,000円 15,000円

注釈:過去12か月以内に【B】の限度額を超えた高額療養費の支給が4回以上あった場合の4回目以降の限度額です。

「限度額適用認定証」等の交付について

区  分 事前の手続き 病院・薬局などで
・70歳未満の方
・70歳以上で住民税非課税世帯の方
「限度額適用認定証」等の申請 「限度額適用認定証」等を提示
・70歳以上75歳未満で、
住民税非課税世帯ではない方
必要ありません 「高齢受給者証」を提示

「限度額認定証」等の交付手続きに必要なもの

注釈:1 平尾・若葉台出張所で手続きした場合は、郵送となります。
注釈:2 国民健康保険税に未納がある方には「限度額認定証」等は交付できません。

「限度額適用認定証」等の有効期間

申請した月の初日から次の7月末日までです。引き続き必要な方は、8月1日以降に再度申請してください。お急ぎの場合は、一週間前から受け付けております。

手続き可能日時

開庁日の午前8時30分から午後5時
備考:休日開庁日は、午前8時30から正午、午後1時から午後5時
注意:休日開庁は市役所のみです。

このページについてのお問い合わせ

稲城市 市民部 保険年金課
東京都稲城市東長沼2111番地
電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る