このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

特異な火災について

更新日:2022年3月15日

トラッキング現象について

トラッキング現象はコンセントの差し刃など、電極間にホコリや水分(湿気)が溜まることで、小さな火花が何度も発生し、電極間がショートする現象です。ショートした際に勢いよく炎が噴き出すため、周囲にあるカーテン等に燃え移り、火災になることがあります。
トラッキング現象はその機器が使用中であるかどうかに関わらず、プラグがコンセントに差さっていれば発生する可能性があります。トラッキング現象を起こさないよう次のことに注意しましょう。
〇コンセントやテーブルタップに差し込んだままになっているプラグは、時々抜いて乾いた布で拭き取る。
〇機器の使用後は、スイッチを切ってコンセントからプラグを抜いておく。
〇プラグ及びコードが熱くなっているときは、すぐに使用をやめて電気店に点検してもらう。

トラッキング現象絵
トラッキング現象

着衣着火について

調理中のガスコンロやストーブ、仏壇のろうそくの火が着ている服に点いてすぐに燃え上がる現象のことを着衣着火と言います。
新型コロナウィルス感染症の感染拡大に伴い、手指の消毒等のため消毒用アルコールを使用する機会が増えています。消毒用アルコールは火気により引火しやすいため、手指消毒の際アルコールが衣服に染み込んでしまうと、衣服に着火する危険があります。着衣着火をおこさないよう次のことに注意しましょう。
〇火を扱う時は、裾や袖が広がっている衣服は着火しやすいので避けましょう。
特に調理などをするときは、燃えにくい防炎加工がされているエプロンなどを着用しましょう。
〇ガスコンロの奥には調味料などは置かないようにしましょう。
〇仏壇の火などは使い終わったら、そのままにせずすぐに消しましょう。

万が一のときは

万が一着衣着火が起きたら脱ぐ・叩く・水をかけるなどして早急に消火してください。

着衣着火絵
着衣着火

収れん火災について

太陽光がレンズや鏡により反射又は屈折して1点に集まることを収れん現象といい、その場所に可燃物があると火災に至る場合があります。収れん火災を起こさないよう次のことに注意しましょう。
〇窓際や太陽光が差し込む範囲には、収れん現象が起こる可能性がある鏡や花瓶等を置かないようにしましょう。
〇外出する際には、カーテンを閉めて遮光しましょう。
〇自転車やバイク、水を入れたペットボトルなど屋外にも気をつけましょう。
〇朝夕や冬場は太陽の高度が低く、部屋の奥まで太陽光が差し込みやすいので注意しましょう。

収れん火災絵
収れん火災

リチウムイオン電池について

スマートフォンやタブレット、モバイルバッテリーなどのリチウムイオン電池から出火する火災が増えています。リチウムイオン電池からの火災を起こさないよう次のことに注意しましょう。
〇落下など外部からの衝撃を与えない。
〇「膨らむ」「音がする」「臭いがする」など、異常が感じたら使わない。
〇機器購入時や付属のものや、メーカー指定の製品を使用する。

リチウムイオン電池絵
リチウムイオン電池

このページについてのお問い合わせ

稲城市 消防本部 予防課
東京都稲城市東長沼2111番地 (稲城消防署)
電話:042-377-7119 ファクス:042-377-0119

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る