このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
稲城市
  • サイトマップ
  • 検索の使い方
  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉・医療
  • 環境・ごみ・リサイクル
  • 観光・文化
  • 施設の案内
  • 市政の情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ヒトパピローマウイルス感染症予防接種について

更新日:2014年4月14日

平成25年度、ヒトパピローマウイルス感染症予防接種が定期予防接種に加わりました。

 子宮けいがんは、子宮の入り口であるけい部にできるがんで、日本では毎年約1万5000人がかかり、約3500人がこの病気で亡くなっています。ほとんどの子宮けいがんは性交渉によるHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染が原因で、若い世代に多く、最近は20歳代から30歳代での発症が急増しています。がん発症の予防にはヒトパピローマウイルス感染症予防接種と、定期的な子宮がん検診の受診が効果的です。
接種を希望する場合は必ず接種の効果や副反応などを理解したうえで接種を受けてください。
 

対象年齢

 接種日現在、小学6年生から高校1年生相当の年齢の女子(平成10年4月2日から平成15年4月1日生まれ)
 注釈:現在、勧奨通知は一時見合わせております。接種を希望する方は医療機関または保健センターで予診票をもらって接種を受けてください。

接種場所

市内指定医療機関での個別接種になります。実施医療機関については、こちら〔健康カレンダー〕をご覧ください。また、医療機関によっては予約が必要な場合がありますので事前に確認してください。

接種回数・接種間隔

接種回数:3回

標準的な接種方法:サーバリックス(組換え沈降2価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)とガーダシル(組換え沈降4価ヒトパピローマウイルス様粒子ワクチン)の2種類があり、接種間隔が異なります。

 ・サーバリックス:1回目の接種から1カ月後に2回目、6カ月後に3回目
 ・ガーダシル:1回目の接種から2カ月後に2回目、6カ月後に3回目
 注釈:上記間隔で受けられない方は、保健センターまたは各医療機関までお問い合わせください。

 (1)必ず同じワクチンで3回接種を受けてください。(2つのワクチンを接種することはできません。)
 (2)どちらのワクチンを接種するかについては医師とよく相談し、効果と副反応について理解したうえで接種を受けてください。
 (3)平成24年度以前に任意接種として「子宮頸がんワクチン接種」を1回以上受けている方は、残りの回数を続けて受けてください。

 <参考>2つのワクチンの効果と副反応について、以下に記載しております。接種を受けるにあたっては必ず事前にお読みください。

持ち物

母子健康手帳、予診票
注釈:転入等で予診票がない方は、保健センターまたは各医療機関へお問い合わせください。

接種後の注意

 (1)接種後に、注射による痛みや心因性の反応等による失神があらわれることがあります。失神による転倒等を防止するため、注射後の移動の際には、保護者または医療従事者が腕を持つなどして付き添い、接種後30分程度は体重を預けることのできる場所に座って安静にしてください。
 (2)接種後に高熱やけいれんなどの異常が発生した場合は、速やかに医師の診断をけてください。
 (3)接種後1週間は体調に注意しましょう。また、接種後、腫れが目立つときや体調の悪いと感じたときなどは、医師にご相談ください。ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種は筋肉注射のため、接種後1週間程度筋肉痛のような痛みが残る場合があります。
 (4)接種部位は清潔に保ちましょう。入浴は問題ありませんが、接種部位をこすることとはやめましょう。

健康被害救済制度について

 定期の予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障が出るようになったりなど健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく給付を受けることができます。
 健康被害の程度等に応じて、医療費、医療手当、障害児養育年金、障害年金、死亡一時金及び葬祭料の区分があり、法律で定められた金額が支給されます。
 ただし、その健康被害が予防接種によって引き起こされたものか、別の要因(予防接種をする前後に紛れ込んだ感染症あるいは別の原因等)によるものなのかの因果関係を、予防接種、感染症医療、法律等の各分野の専門家からなる国の審査会にて審議し、予防接種によるものと認定された場合に給付を受けることができます。
 給付申請の必要が生じた場合には、診察した医師、稲城市健康課までお問い合わせください。
 注釈:詳しくは、厚生労働省ホームページ(外部リンク)をご覧ください。

保護者の方が同伴しない場合の接種について

 保護者の同伴なしで接種を希望する方については、必ず「ヒトパピローマウイルス感染症予防接種を受けるに当たっての同意書」を持参してください。
 ただし、接種日現在13歳以上の方に限ります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない場合は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DCAdobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせ

稲城市 福祉部 健康課
東京都稲城市百村112番地の1 (稲城市保健センター内)
電話:042-378-3421 ファクス:042-377-4944

本文ここまで
このページの先頭へ


以下フッターです。
稲城市公式キャラクター稲城なしのすけ
〒206-8601 東京都稲城市東長沼2111番地
開庁時間 午前8時30分から午後5時 代表電話:042-378-2111 ファクス:042-377-4781
Copyright (C)Inagi City. All rights reserved. 
Copyright (C)K.Okawara ・ Jet Inoue. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る